Loading...

利用するには?

service_01

 

1.要介護(要支援)認定の申請

 

介護が必要になった時、ご本人またはご家族が地域包括支援センターや市役所に申請します。

申請に必要な書類
要介護(要支援)認定申請書
介護保険被保険者証
健康保険被保険者証(第2号被保険者のみ)

 

認定調査

市から依頼を受けた調査員が訪問し、心身や生活状況などについて、ご本人及びご家族へ聞き取り調査を行います。

 

主治医の意見書

主治医に、ご本人の心身の状況について、意見書を作成していただきます。

 

審査・判定

コンピュータで一次判定を行い、その結果と認定調査における特記事項、主治医の意見書を基に、『介護認定審査会』で審査し、要介護度の判定が行われます。

 

 

2.要支援1・2の方   介護予防サービスの利用の仕方

予防プランの作成

地域包括支援センターへ、予防プラン(サービスを受けるための計画書)の作成を依頼します。
予防プラン作成について、地域包括支援センターと契約を結びます。

地域包括支援センターの保健師や、地域包括支援センターから委託を受けた居宅介護支援事業者のケアマネージャー等が訪問して、ご本人の心身や生活状況を調査して、予防プランの原案をまとめます。

原案を基に、担当者がご本人・ご家族と検討を行い、同意を得て、予防プランを作成します。

 

サービス提供事業者と契約

介護予防サービスを行うサービス提供事業者と契約を結びます。

 

介護予防サービスの利用

予防プランに基づいて、サービスを利用します。
※一定期間後に地域包括支援センターの担当者などが、目標の達成状況を確認します。

 

 

3.要介護1〜5の方   居宅サービスの利用の仕方

ケアプランの作成

居宅介護支援事業所を選び、ケアプラン(サービスを受けるための計画書)作成について契約を結びます。
依頼を受けて、担当のケアマネージャ(介護支援専門員)が決まります。

ケアマネージャーが自宅などを訪問して、ご本人の心身や生活状況を調査して、ケアプランの原案をまとめます。

原案を基に、ケアマネージャーがご本人・ご家族と検討を行い、同意を得て、ケアプランを作成します。

 

サービス提供事業者と契約

介護サービスを行うサービス提供事業者と契約を結びます。

 

居宅サービスの利用

ケアプランに基づいて、サービスを利用します。